メルセデスベンツ C200ブルーエフィシエンシー アバンギャルド AMGスポーツパッケージ《撮影 宮崎壮人》

セダンもステーションワゴンも、日本ではプレミアムファミリーカーの定番とも言えるほど、長く人気を保ち続けている『Cクラス』。今回、「C200」も「C250」もすべて1.8リットルの直噴ターボエンジンになり、スマートにダウンサイジングした。にもかかわらず、新たに搭載されたトランスミッション、7速ATの「7G-TRONIC PLUS」の効果もあってか、静かさ、走りの余裕、乗り心地と、どれを取ってもさらに磨かれていると感じさせてくれた。
 
とくに、試乗してベストだと感じたのは「C200ブルーエフィシェンシー」のセダン。アクセル操作にそれほど気を遣わなくても、クネクネの山道をスーッと走り抜けられるし、クセのないハンドリングとガッチリとした剛性感で、横Gに弱い女性でも左右に振られることなく自然な体勢が維持できる。ただし同じC200でもAMGスポーツパッケージは、50km/hくらいでもポンポンと跳ねるほど硬めなので、乗り心地重視の人にはおすすめしない。
 
またインテリアの進化は、IT系と触感系の双方で「わぁ!」と思わず感嘆するほどだ。停止中はナビ画面で「Yahoo!」のサイトなどが見られるのは不思議な感覚だけど、ものすごく便利だし、高級素材のナッパレザーを使ったステアリングなど、何気なく触れているだけで幸せな気持ちになれるのは、表面素材にこだわり抜いているから。

「出るとこは出て、引っこむところは引っこむ」美女!? そんな妄想がよぎったメルセデスだった。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

まるも亜希子|カーライフ・ジャーナリスト
映画声優、自動車雑誌編集者を経て、カーライフ・ジャーナリストとして独立。現在は雑誌・ウェブサイト・ラジオ・トークショーなどに出演・寄稿する他、セーフティ&エコドライブのインストラクターも務める。04年・05年にはサハラ砂漠ラリーに参戦、完走。日本カー・オブ・ザ・イヤー(2010-2011等)選考委員、AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。

メルセデスベンツ Cクラス《撮影 宮崎壮人》 メルセデスベンツ C200ブルーエフィシエンシー・アバンギャルド・AMGスポーツパッケージ《撮影 宮崎壮人》 メルセデスベンツ Cクラス《撮影 宮崎壮人》 メルセデスベンツ Cクラス《撮影 宮崎壮人》 メルセデスベンツ Cクラス《撮影 宮崎壮人》