クズルデレ地熱発電所の地理関係

住友商事は14日、今年6月にトルコ・ゾルルエナジー社が増設を計画するクズルデレ地熱発電所向けに、富士電機製の60MW蒸気タービン・発電機を受注したと発表した。

クズルデレ発電所は、トルコのアナトリア西部に位置し、1984年に同国初の地熱発電所として国営電力会社により開発され、2008年に民営化策の一環でゾルルエナジーに運営権が委譲され、現在に至っている。

今回のプロジェクトは、ゾルルエナジーが総事業費約2億米ドルを投じて、20MWの既設発電所に隣接する形で新規に60MWの地熱発電所を増設するもので、あわせて80MWの地熱発電所は中東最大規模となる。

また、同発電所は発電のために使用した蒸気を、近隣地区への地域暖房に再利用しており、同規模の一般火力発電所と比べ、地球温暖化対策への貢献度は非常に高いものとなる。

住友商事は、これまでインドネシアやニュージーランドなどで積極的に地熱発電プロジェクトを手掛けており、本プロジェクトでの受注を足がかりに、今後さらに地域を広げ、トルコを含めた世界各地において、地域の発展や温暖化防止に資する地熱発電の開発促進や設備納入を目指すとしている。