アウディA1 eトロンがオーストリアで開催されたジルブレッタ電気自動車ラリーで総合優勝を果たした。

アウディは、7月7日〜9日にオーストリアで開催された「第2回ジルブレッタ電気自動車ラリー」で、『A1 eトロン』が優勝を飾ったことを発表した。アウディの優勝は昨年の『R8 eトロン』に続き、2年連続。

ジルブレッタ電気自動車ラリーは、最大傾斜15%の険しい山道を3日間に渡り走行。総走行距離は307km、合計の標高差は1万1541mに及ぶ。

A1 eトロンは、最高出力75kWの電気モーターを搭載したEVで、バッテリー充電用のロータリーエンジンをトランクのフロア下に搭載する。1回の充電で走行可能な距離は50kmだが、エンジンが稼働し電力を補充することで航続距離を延長することができる。

今回のラリーでドライバーを務めた、アウディAGエレクトロモビリティ・ストラテジー統括責任者のフランシスカス・ファン・ミールは「アルプスの山岳路で電気自動車を走らせることは、考えられるもっとも困難な状況のひとつ。A1 eトロンが素晴らしい成績を収めたことは、電気モーターと内燃エンジンを組み合わせるという私たちのアプローチが、正しい道のりを進んでいるという証明である」と語った。

ドライバーを務めたフランシスカス・ファン・ミール氏(左)