フォード エクスプローラー《撮影 北島友和》

ワインディングを走ってみて大きさを感じさせないことに驚いた。長い間『エクスプローラー』の印象と言えば上から目線とボリューム感のあるフォルムで、よく言えば重厚さが持ち味である反面、その重さによって走りはとってもゆるーい感じだった。

それが新型ではステアリングセンター付近がぎゅーっと締まっているうえに、切り込んでいったときの応答が素直。2tを越える重量だから動きはゆっくりとしているものの、操作に対してスムースに反応してくれることから、探りながら切っていくような印象は薄い。

リアサスの改良でロール方向の動きも穏やかになって、フロントの動きにしっかりとついてきてくれる。結果、シャシ全体から緩さが薄まって、大きさを感じさせない走りを実現したと言えるだろう。エンジンも6ATとの組み合わせで洗練さを増しているものの、シャシの進化を考えるともう一歩力強さがあってほしいところ。新しさの中にも伝統的なトルク感も忘れてほしくないと思った。
 
■5つ星評価
パッケージング:★★★★ 
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

瀬在仁志|モータージャーナリスト
1960年東京生まれ。AJAJ会員。日本COTY委員。高校時代からカート、自動車免許取得後、ラリー、レースに参戦。スーパー耐久自動車レースでは2 クラス、4クラスで優勝経験を持つ。88年にはA型フォードによるオーストラリア・クィーンズランド一周ラリーで3500kmを完走。03年にはニュルブルクリンク24時間レースに参戦、参加クラスで日本車最高位完走。世界20か国以上の公道とサーキットでの試乗経験を持ち、『ホリデーオート』、『モーターマガジン』誌等で活躍。代表会社であるアップライト社主催による走行会はすでに70回を数えドライビング講師としても活躍する。

フォード エクスプローラー《撮影 北島友和》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》