茨城県警生活環境課と土浦署は、13日、無断でポータブルナビゲーション用ソフトの海賊版を販売していた茨城県に住む48歳の専門学校講師の男を著作権法違反の疑いで逮捕した。

男は、今年2月、ポータブルナビゲーション用ソフト「日本詳細道路地図 シティナビゲーター v11」を無断でmicroSDに複製。ネットオークションを通じて、東京都の男性に対し8900円で販売。また、同3月には、海賊版をナビ本体とセットにし、東京都の男性に対し4万9800円で販売した。

著作権者である「いいよねっと」および「ゼンリン」は、今年4月、コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)に被害を報告。ACCSから相談を受けた茨城県警が、家宅捜索。パソコンなど93点を押収し、容疑者を逮捕した。