ホンダ山田取締役「コジェネ、太陽光は将来、二輪、四輪と並ぶ柱に」

ホンダは13日、東京・青山の本社で汎用事業についての説明会を行った。その席上、同事業部担当の山田琢二取締役は、ガスエンジンを使ったコジェネレーションと太陽光パネルのビジネスを将来、二輪と四輪に並ぶ柱にしていく考えを示した。

コジェネと太陽光発電は3月11日の東日本大震災以降、注目を浴び、展示会などでもそれらの製品を出展する企業が増えている。また、それらを設置する家庭も増えているそうだ。説明会に同席した大阪ガスの関係者によると、震災以降、70万円もするコジェネシステムの売れ行きが好調で、今年の目標をすでにクリアしてしまったそうだ。

太陽光発電についても、余剰電力の買い取り制度が本格的に始まれば、「いろいろな業者が電力業に参加しやすくなり、投資回収も早まって、ビジネスとして成り立ちやすくなる。そうすると、うちの製品も増えていく」と山田取締役は見ている。

ホンダのコジェネと太陽光パネルは事業としてはまだ始まったばかりだが、山田取締役は「これから非常に伸びていく分野だと考えている。将来的には二輪、四輪と並んで柱になっていく領域だと思う」と強調する。

そのための研究開発投資も、技術の進化と需要、コストとのバランスを考えながら、積極的にしていくそうだ。

ホンダ山田取締役「コジェネ、太陽光は将来、二輪、四輪と並ぶ柱に」 ホンダ山田取締役「コジェネ、太陽光は将来、二輪、四輪と並ぶ柱に」 ホンダ山田取締役「コジェネ、太陽光は将来、二輪、四輪と並ぶ柱に」