阪神高速道路によると、2011年7月10〜11日の間、阪神高速・14号松原線・大和川本線料金所で一部の利用者のETCカードでの料金支払いが不可になる不具合が発生した。

不具合が発生したのは、大和川本線料金所第5レーン(左端レーン)。支払い時にETCカードを料金所スタッフに手渡して、料金を支払った利用者のETCカードが、その後のETCカードでの料金の支払いに利用できなくなった。不具合があった機器は復旧し、正常に運用している。