イメージ

10日午後2時ごろ、愛知県岩倉市内の県道を走行していた乗用車が前走する軽乗用車と接触。乗用車はそのま止まらずに約70m走行し、信号待ちの車列に突っ込む事故を起こした。車両9台が関係する多重衝突に発展。8人が死傷している。

愛知県警・江南署によると、現場は岩倉市大地新町付近で片側2車線の直線区間。乗用車は第2車線を走行していたが、前走する軽乗用車と接触。被接触側のクルマは停止したが、乗用車は止まらずに走り抜け、約70m先の交差点で信号待ちをしていた車列に追突。前方のクルマが次々に押し出され、車両8台が関係する多重衝突に発展した。

車列最後部に位置していた軽乗用車は大破。運転していた同市内に在住する39歳の女性と、助手席に同乗していた9歳の男児が収容先の病院で死亡。他車に乗っていた6人も打撲などの軽傷を負っている。

警察は乗用車を運転していた江南市内に在住する78歳の男を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕。2人死亡後は容疑を同致死傷に切り替え、調べを進めている。