ホンダのコージェネレーションシステムを核とした「スマートホーム」のイメージモデル《撮影 宮崎壮人》

ホンダの汎用事業本部長である山田琢二取締役は13日、同社の太陽光発電装置やガスコージェネレーションなどを組み込んだ低炭素型の戸建用エネルギーシステムを「2015年をめどに商品化する」計画を明らかにした。

スマートグリッドの構築につながる戸建住宅用の「ホンダスマートホームシステム」と呼ぶもので、太陽光発電、ガスコージェネのほか、ホーム蓄電池や電気自動車(EV)および電動2輪車などモビリティも加えたシステムとなる。

ホンダは、さいたま市が進める電動車両の実証実験である「E-KIZUNA」プロジェクトの一環として、2012年春から同市にスマートホームシステムによる住宅を数軒設置して実験を始める計画。

同ホームでは「スマートイーミックスマネジャー」という管理システムで住宅や充電装置など車両向けのエネルギーを統合的に制御する。ホンダは住宅以外の装置の大部分に関与しており、将来はスマートホーム事業を「汎用部門の柱として育成する」(山田取締役)方針だ。

ホンダの家庭用ガスエンジン・コージェネレーションシステム(カットモデル)《撮影 北島友和》