自然エネルギーを利用したハイブリッド自動車船

三洋電機は、2010年1月から商船三井、三菱重工業とともに研究開発を進めてきた「自然エネルギーを利用したハイブリッド自動車船」の外観デザインと基本設計が終了した、と発表した。この船は2012年6月に三菱重工の神戸造船所で竣工する。

研究開発は、国土交通省の「船舶からのCO2削減技術開発事業」の補助対象事業に採択されている。日本海事協会の「国際海運における温室効果ガス削減技術に関する研究開発」の共同研究テーマとして支援も受けている。

三洋電機は今回、160kWの太陽電池と約2.2MWhのリチウムイオン電池を組み合わせたシステムを納入する。システムは従来船舶に搭載されているディーゼル発電機とのハイブリッドで電力供給を行い、船舶全体から排出されるCO2を削減する技術の確立を目指す。

太陽電池パネルで発電し、二次電池に蓄えられた電力は主に停泊中に使用される。停泊中のディーゼル発電機を停止することで、港内でのゼロエミッション化に貢献する。重量物であるリチウムイオン電池は船底に搭載し、固定バラストとすることで載貨台数に影響を与えることがない設計となっている。

今回の取り組みは実証試験で、三洋電機は創エネ・蓄エネ両方の技術を持つ企業として、今後も太陽電池と二次電池を融合したシステムの開発、商品化、普及を進めていく方針だ。