トヨタ豊田章男社長(資料画像)《撮影 土屋篤司》

車体メーカーなどのグループ再編を13日に発表したトヨタ自動車の豊田章男社長は、国内生産の年300万台維持について「(日本での生産は)理屈を超えているが、石にかじりついてでも歯を食いしばって頑張りたい」と、かねての主張を強調した。

豊田社長は「自動車産業はすそ野の広い産業であり、広く雇用を確保している。一方で日本は貿易立国であり、輸出によって誰かが外貨を獲得しなければ、現状の生活パターンは維持できない」と語り、一定の国内生産維持はトヨタの使命でもあるとの考えを示した。

さらに「トヨタは日本で生まれ、育てられたグローバル企業であり、環境が悪いからといって簡単には(国内生産を)諦められない」と語った。

また、東日本大震災の発生により「日本としては今、夢と希望が必要だと考えている」と述べ、「今は縮んでいるが、将来にジャンプアップする準備期間にしたい。メディアの皆さんにもご理解とご支援をお願いしたい」とアピールした。