A8《撮影 野口岳彦》

アウディジャパンは、国内に投入しているアウディ各モデルの装備・仕様と、一部モデルの価格を変更し、7月13日(『Q7』と『A8』は7月20日)から発売する。

今回は『A3スポーツバック』と『S3スポーツバック』にタイヤリペアキットを採用するとともに、ISOFIXチャイルドシートマウント(リヤ)も採用した。

『Q5』は「S-lineパッケージ」の価格を変更するとともに、オートマチックテールゲートの価格を変更した。

Q7はアドバンスドキー、オートマチックテールゲートを標準装備化するとともに、ドライブアシストパッケージをオプション設定する。また、ボディ同色フロント&リアエプロンを採用し、ステアリング、シフトレバーのデザインを変更した。

A8はステアリング、メイクアップミラーの意匠を変更した。

『R8クーペ/スパイダー』は5ツインスポーク・デザイン・チタンルックアルミホイールをオプションに追加設定した。

この他、S3スポーツバック、『S4/S4アバント』はボディカラーの設定変更。『A4/A4アバント』、Q5はボディカラーの変更と「S-lineパッケージ」の価格を変更。A3スポーツバックの「S-lineパッケージ」については価格を変更している。

Q7《撮影 池田忍》