トヨタFT-EVコンテスト

パテント・リザルトは、米国の電気自動車などのデータ制御技術に関して、参入企業の競争力に関する調査を実施した。

今回の調査は1980年から2011年5月末までに米国特許商標庁で公開された「電気推進車両のデータ制御」関連特許を対象に、個別特許の注目度を得点化して、特許の質と量から総合的に見た「特許総合力ランキング」を集計した。

集計の結果、1位はSEARETEだった。同社は特許管理会社インテレクチュアル・ベンチャーズの別名義の企業と見られ出願件数は少ないものの、注目度の面で得点を上げ、1位となった。15件の特許はすべて2009年に出願されており、現時点ではまだ権利化されていない。自動車業界ではない同社が将来的に、これらの技術をどう活用するのか注目される。

2位はトヨタ自動車だった。出願件数が最も多い。2008年には年間70件の出願があった。注目度の高い技術は「走行状態によって気筒休止する可変シリンダーシステム」に関する技術など。

3位はフォードで2000年にこの分野で最初の出願をし、以降、年間10件以下の水準で継続的に出願している。注目度の高い特許には「車両効率の管理システム」に関する技術などがある。

トヨタ・プリウス・プラグインハイブリッド