日産リーフ(北米仕様)

ハイエッジは、世界の電気自動車(EV)市場についての市場調査を実施し、結果を「2011 EVマーケット・レポート〜電気自動車市場2011〜」として発刊した。

今後、市場投入に相次ぐ見通しの世界のEVの性能、価格、競争力を調査、今後のEV開発のトレントを把握するともに、2020年の市場規模を予測した。

調査は3月から6月に掛けての間、自動車メーカー、バッテリーメーカー、材料メーカーを対象にヒヤリング調査などを行った。

調査結果によると、世界のEV市場は2011年が12万3000台、5840億円の市場を見込む。大手メーカーによるEVが出揃う2012年には、ワールドワイドで35万3000台、1兆4640億円に達する予想。

2012年以降は、バッテリーコスト低減と量産規模拡大による価格の低減が加速、2020年にかけて市場の急速な拡大が進行し、2020年には330万台、約9兆円規模の市場となると予測する。

EVの性能や価格を左右するバッテリーには、新たに負極をチタン酸リチウムとするLTOバッテリーが実用化される見込み。さらにパソコンなどで使用される小型セルを大量に使用するタイプのバッテリーでは、これまでのテスラモーターズに加えて新たなメーカーによる参入も見込まれる。また、小型セルを使用したバッテリーパックの採用により、EV用バッテリーコストの急激なコスト低減が進むとみられ、EVは今後数年でガソリン車と並ぶ価格が実現すると予想する。

EVのバッテリーでは、韓国LG Chem、SB・リモーティブ、SK・イノベーションの3社が急速にシェアを拡大している。3社は量産規模拡大とコスト低減を実現することで、GMやフォード、BMW、フィアットなどのメーカーでの採用が進む。今後、バッテリーで韓国メーカー3社のシェア拡大を予想する。

さらにEV市場では、中国、アジア市場での市場拡大を予想。中国ではBYD、チェリー、ジーリー、SAIC、FAWなど、地場メーカーによるEV展開が見込まれるほか、アジア市場では、タタモータースや、マヒンドラ&マヒンドラがEVをラインナップ、海外メーカーも中国やインド市場にEV投入を準備しており、2020年にかけて高い市場成長が見込まれるとしている。

三菱 i-MiEV《撮影 宮崎壮人》