新型Bクラス(中央)。手前のEクラスクーペ並みの空力性能を実現

メルセデスベンツが、9月のフランクフルトモーターショーでワールドプレミアする新型『Bクラス』。クラストップを標榜するエアロダイナミクス性能に注目だ。

新型では、ボディのデザインはもちろん、前輪周辺の空気の流れにとくに配慮。アンダーフロアのフラット化などにも取り組んだ。さらに、特許技術のホイールアーチスポイラーも採用する。

これにより、新型Bクラスは空気抵抗係数を示すcd値が0.26を実現。メルセデスベンツによると、この数値はクラス最高レベルであり、『Eクラスクーペ』の0.24に迫るものだという。

新型Bクラスは、9月のフランクフルトモーターショーでデビューした後、欧州では11月に販売開始。ダイムラーのメルセデスベンツ乗用車部門、トーマス・ウェバー取締役は「メルセデスベンツの歴史において、最も革新的なモデルチェンジだ」と自信をのぞかせている。

特許技術のホイールアーチスポイラー アンダーフロアのフラット化にも取り組む 前輪周辺の空気の流れにとくに配慮