ホンダ フィットシャトル《撮影 北島友和》

まず感じたのは、これは『フィット』と比較するべきクルマではない、ということ。名前こそフィットの一員のようだけれど、キャラクターはまったく違うクルマに仕上がっている。

最初に試乗したのはハイブリッド。しかも後席からチェックした。ものすごい静かさと、高級車と言ってもいいくらいの乗り心地の良さ。レザーシートはたっぷりと膝まで座面があって、リラックスできる。そして運転席に移ると、インパネの造形がフィットそっくりなのは残念だけど、やっぱりステアリングの操作感などがしっとり上質で、落ち着いてドライブできる。ただ高速では、もう少しステアリングに剛性感があってもいいかな、と思った。
 
そして次にガソリンモデル。一般道でも高速でも、余裕たっぷりの走りに驚いた。こちらはステアリング剛性もバッチリで、コーナリングが頼もしい。
 
ラゲッジの広さ、使い勝手はさすがの出来映え。つまり『フィットシャトル』は、コンパクトカーの枠にはまらない走りと実用性、そしてエコ性能を持ちながら、フォーマルにもカジュアルにも乗れる柔軟性のある1台なのだと感じた。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

まるも亜希子|カーライフ・ジャーナリスト
映画声優、自動車雑誌編集者を経て、カーライフ・ジャーナリストとして独立。現在は雑誌・ウェブサイト・ラジオ・トークショーなどに出演・寄稿する他、セーフティ&エコドライブのインストラクターも務める。04年・05年にはサハラ砂漠ラリーに参戦、完走。日本カー・オブ・ザ・イヤー(2010-2011等)選考委員、AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。

ホンダ フィットシャトル《撮影 宮崎壮人》 ホンダ フィットシャトルハイブリッド《撮影 宮崎壮人》 ホンダ フィットシャトルハイブリッド《撮影 宮崎壮人》 ホンダ フィットシャトルハイブリッド《撮影 宮崎壮人》 ホンダ フィットシャトル《撮影 宮崎壮人》 ホンダ フィットシャトル《撮影 宮崎壮人》 ホンダ フィットシャトル《撮影 宮崎壮人》 ホンダ フィットシャトル《撮影 宮崎壮人》 ホンダ フィットシャトル《撮影 宮崎壮人》 ホンダ フィットシャトルハイブリッド《撮影 宮崎壮人》 ホンダ フィットシャトルハイブリッド《撮影 宮崎壮人》