9日午前0時35分ごろ、群馬県みどり市内の国道122号を走行していたバイクが対向車線側へ逸脱、そのまま道路右側の路外に飛び出し、標識柱に衝突する事故が起きた。この事故でバイクを運転していた栃木県足利市内に在住する19歳の男性が死亡している。

群馬県警・桐生署によると、現場はみどり市大間々町桐原付近で片側1車線の直線区間。バイクは走行中に対向車線側へ逸脱。そのまま道路右側の路肩に立つ案内標識柱に激突したものとみられる。

運転していた19歳の男性は路上へ投げ出された際に全身を強打。意識不明の状態で桐生市内の病院へ収容されたが、約2時間後に死亡した。

バイクは前面部が大破しており、警察では高速度で走行中にハンドル操作を誤り、柱に突っ込んだ可能性が高いとみている。