未来家族用スマートハウスを発売 アンドロイドロボット搭載

三洋ホームズは、アンドロイドアプリケーションの家庭用ロボットを搭載した住宅『未来家族』を7月15日より販売開始すると発表した。

現在の日本版スマートグリッドでは、発電量や電力使用量を計測したり、再生可能エネルギーを地産地消するための管理システムが主流となっている。

同社では、これらのIT技術を身近な存在として活用するため、「住まい手」と「スマートハウス(IT技術)」の間の橋渡しをするコミュニケーションロボット『MIRAI SANZO(ミライサンゾー)』を開発した。

音声認識を持つSANZOは、話しかけるだけで、各種操作を代行。例えば「少し暑いな」と思ったとき、SANZOに「リビング、エアコン、ON!」と言うだけでエアコンをONにすることができる。

同社は、このシステムにより今後の高齢化社会にも対応可能な、より省エネで便利な住宅の実現が見えてきたと述べている。

SANZOの姿 未来家族のシステム概要