国土交通省関東運輸局は12日、埼玉県内の指定自動車整備事業者による不正車検で車検証の有効期間を延長したおそれがある約2100台の車両について、無料で保安基準適合性の確認を行うと発表した。

整備事業者は深井自動車で、点検・整備、検査を適切に行わずに保安基準適合証を交付し、有効期間を更新したとして、元役員2名と自動車検査員4名が道路運送車両法等違反で逮捕、起訴され、逮捕者全員の有罪が確定した。

同社が車検手続きを行い、車検証が交付されている自動車は、登録車1617台、軽自動車471台の計2088台で、これらの自動車のユーザーに対しダイレクトメールで保安基準適合性確認を受けるよう通知する。

実施機関は、登録自動車が最寄りの運輸支局または自動車検査登録事務所、軽自動車は最寄りの軽自動車検査協会事務所。

問い合わせ先は、関東運輸局管轄内のユーザーは同局埼玉運輸支局整備担当(電話048-624-6981)、同局管轄外のユーザーは同局自動車技術安全部整備課(電話045-211-7254)。