メルセデスベンツBクラス新型のティーザー写真

メルセデスベンツが、現在開発を進めている新型『Bクラス』。そのティーザー写真が公開された。

これは11日、ダイムラーが公表したもの。新型Bクラスは、ボディサイズが全長4359×全幅1786×全高1557mmとなり、現行型(全長4273×全幅1777×全高1603mm)に対して、全高は46mmも低められた。

また、多くの顧客の要望により、シート地上高は現行型よりも86mm低く設定。前席ヘッドルームは1013mmを確保するなど、クラス最大級の室内空間を備えているという。

新型Bクラスは、9月に開幕するフランクフルトモーターショーでワールドプレミア。ダイムラーが公表した写真からは、新型のシルエットが確認できる。