プジョー508

「お〜っとっと〜! ちょっとハイスピードで突っ込みすぎたぁ〜! このままだと外へ膨らんじゃうかもぉ〜?」なんていうコーナーでも、後ろ足で「ふにゃぁ〜っ」と踏ん張ってキレイにコーナーのイン側にへばりついて曲がって行ってくれる。そういった意味では、プジョーいちばんのネコ足かもしれない。

パッと乗って、いきなり踏んで行ける安心感があるのはフランス車の美点だが、508はコーナーの中に入ってから考えても間に合いそうなほどポテンシャルが高かったのだ。オマケに乗り心地もイイ。路面が悪いハイスピードのコーナーでも、例の「ふにゃぁ〜」で乗り心地よくクリアしてくれるのだから、これはもうお見事!というしかない。というより、どちらかというと低速域と比べると、中高速域の方が乗り心地がイイ感じのだ。

その割にエンジンパワーは、ボディの大きさもあるので大したことはないが、ボディの軽さが伝わってくるので、全体的にカッタルイということはない。分をわきまえたパワー感とでも言えばいいだろうか。パドルスイッチもカチッというスイッチみたいな押し心地だが、変速フィーリングが悪くないのも高ポイントだ。

そしてなんといっても、カップホルダーがついた! というのは、プジョーファンにとっては大ニュース。小さなことじゃん! と思うかもしれないが、かなりの朗報なのだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★

竹岡圭|モータージャーナリスト
自動車専門誌を中心に、女性誌やTVなど、幅広いメディアでレポーター・コメンテーターとして活動している女性モータージャーナリスト。ラジオのパーソナリティとしても活躍中。インプレッションやコラム、カーグッズ、旅行など、カーライフ全般を女性の視点からレポートしている。快適なカーライフをサポートするべく、実際にユーザーにアドバイスすることも大切にしている。モータースポーツにも積極的に関わり、自身も国際C級ライセンスを所持、チーム監督・ドライバーとして楽しんでいる。日本自動車ジャーナリスト協会(A.J.A.J.)理事、日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。

プジョー508《撮影 北島友和》 プジョー508SW《撮影 北島友和》 プジョー508《撮影 北島友和》 プジョー508 プジョー508