午前7時9分、中部国際空港に着陸するボーイング787。《撮影 石田真一》

ボーイング社は10日、愛知県常滑市の中部国際空港(セントレア)にて、全日空が今秋から導入を予定している最新鋭機ボーイング『787』と、アメリカ・シアトルまで同機の胴体や主翼を搬送しているボーイング『747ドリームリフター』を並べて展示した。

ボーイング787は、導入前に空港設備とのマッチングを調査する「検証プログラム」の一環として、約10日間のスケジュールでボーイング社のスタッフとともに日本を訪れている。同機を構成する部品の約35%は愛知県内にある工場で生産していることもあり、検証プログラムには含まれていなかったセントレアでのお披露目が急きょ決定したという。

また、同機の部品(胴体や主翼)などをアメリカ・シアトルの工場まで搬送している大型貨物機「ドリームリフター」も同じタイミングでセントレア入りしていたことから、10日は両機体を並べた状態で一般客も見やすい位置に留置。約10時間に渡って夢の共演となった。

「こうした光景は二度と見られない」ということもあり、セントレアには早朝から来場者が続々と訪れた。ボーイング787の着陸は午前7時すぎだったにもかかわらず、約2000人が展望デッキからその様子を見守った。

午前7時すぎにもかかわらず、空港の展望デッキには約2000人の来場者が。《撮影 石田真一》 ロールス・ロイス製のエンジンを搭載。燃費や環境保護も考慮しており、離陸時の騒音もかなり小さい・《撮影 石田真一》 機体サイズはボーイング767とほぼ同じだが、主翼はより大型のボーイング777に匹敵するサイズ。《撮影 石田真一》 全日空の標準カラーだが、実はこれボーイング社が所有するテスト専用機。今後もこのカラーのまま、世界各国で検証プログラムを行う。《撮影 石田真一》 ボーイング747 ドリームリフターはアメリカ・シアトルと、中部国際空港でしか目の当たりにできないレアな機体。日本で製造された787の胴体や主翼を搬送している。《撮影 石田真一》 間に高いフェンスを挟むものの、機体のすぐ近くまで接近できた。《撮影 石田真一》 巨漢のドリームリフターは大迫力。当日は午後3時ごろから787の胴体部分を積載する作業が行われ、その様子は展望デッキから見ることができた。《撮影 石田真一》 午前8時前とは思えないほどの大混雑。ボーイング787が離陸する午後6時ごろまでこの状態が続いた。《撮影 石田真一》 このような並びが見られることは「今後ないだろう」とのこと。貴重な10時間となった。《撮影 石田真一》