【UDトラックス コンドルMK/LK 新型】低燃費と環境性能を両立

UDトラックスは、積載量4トンクラスの『コンドルMK』と積載量5〜6tクラスの『コンドルLK』をフルモデルチェンジして7月12日から発売した。

新型コンドルMK、コンドルLKは「UDアドヴァンテージ、UDソリューション」をコンセプトに開発した。大型トラック「クオン」とのファミリーアイデンティティ(一体感)を表現した新しいキャブデザインを採用するとともに、大型トラックで蓄積した技術を採用して低燃費性能や環境性能、空力性能、安全性能を確保した。

燃料の最大噴射圧力を2000気圧まで高めた新開発のコモンレールを採用することで小排気量ながら高い出力とトルクを実現するエンジン「GH5エンジン/GH7エンジン」、大型トラック『クオン』で培ったNOx低減技術である尿素SCR触媒とPMを低減する「UDPC」(UDパーティキュレートクリーニング)を組み合わせた尿素SCRシステム「FLENDS(フレンズ)」を搭載した。このため、燃費性能と環境性能を両立、コンドルMK、コンドルLK全車で2015年度重量車燃費基準を達成し、2010年排出ガス規制に適合した。

さらに、顧客の様々なビジネスにきめ細かく応えるため、荷台を含めた完成車両のパッケージモデル「パーフェクトコンドル」をウィングとバンを中心に設定、実用性の高い仕様や積載性の向上を図った。

このほか、大型トラックのクオンと同様、アフターサービスの総合的な商品である「純正アフターマーケット商品」と、車両に搭載した多目的ディスプレイで燃費向上運転のアドバイスや車両状態を把握する機能を進化させた。車両のコンディションや運行状況などの情報を集約・分析して情報提供する「UDインフォメーションサービス」で、車両稼働率向上や省燃費運転、安全運転をサポートするとしている。

価格は車型SKG-MK38Lの最大積載量4tクラスのパーフェクトコンドルが924万1000円。両シリーズで年間4500台の販売を計画している。