7日午前8時ごろ、栃木県宇都宮市内の東北自動車道下り線を走行中のトラックに対し、後ろから進行してきた大型バイクが追突する事故が起きた。バイクは転倒し、運転していた男性が死亡している。

栃木県警・高速隊によると、現場は宇都宮市下小倉町付近で片側2車線の直線区間。バイクは第1車線を前走していたトラックの後部に追突、弾みで転倒したとみられる。

運転していた男性は転倒の弾みで路上へ投げ出され、全身を強打して死亡。トラックも小破したが運転者にケガはなかった。

警察ではバイクがトラックを追い抜こうとした際、誤って追突したものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べるとともに、死亡した男性の身元特定を進めている。