スズキは、浜松市北区都田町の工場用地を取得

浜松市は11日、同市が整備した大規模工場用地(静岡県浜松市北区都田町)について、スズキから約27ヘクタール(分譲予定価格:75億8000万円)の一括分譲申込みがあったと発表した。

今回、スズキは、北ブロック9.1ヘクタール、南ブロック17.7ヘクタール、の2ブロックを取得、それぞれ、都田技術センター(建築面積:1万4820平方m)として2016年8月に、都田工場地(建築面積:5万9380平方m)が2017年5月に稼働予定としている。

都田技術センターでは、二輪車、環境車、モーター、燃料電池等の開発を、都田工場では、二輪車エンジン部品の製造・組立、次世代環境車等の組立を行う予定。

同市によると、今回のスズキによる土地取得は、東日本大震災を受け、東海地震への備えとともに、国内拠点の再配置の一環として、堅固な地盤の三方原台地に位置する都田地区工場用地を選定したものであると説明。

「近年、輸送用機器メーカーの海外シフトにより地域産業の空洞化が懸念されているなかで、地域の雇用や経済活動にも大きな影響力を持つ同社の開発拠点が都田地区に立地いただけることは大変喜ばしいこと」とコメントとしている。