太陽電池

日産自動車と、リチウムイオン二次電池の再利用事業を検討しているフォーアールエナジーは7月11日、太陽光発電と電気自動車『リーフ』用リチウムイオンバッテリーとを組み合わせた電気自動車用充電システムを開発、日産自動車のグローバル本社で実証実験を開始した。

今回開発したシステムは、日産のグローバル本社に設置した太陽電池で発電した電力を本社内に設置したリーフ4台分のリチウムイオンバッテリーを使用した蓄電装置に蓄電し、電気自動車の充電に利用するもの。電力は、本社内にある急速充電器3基、普通充電ソケット14個を通して電気自動車の充電を行うことができる。リーフ換算で年間約1800台分をクリーンエネルギーで充電できる。

電気自動車を再生可能エネルギーである太陽光を利用して充電することで、走行時のCO2排出ゼロに加えて、発電時のCO2排出もゼロとなり、究極のゼロエミッションとなる。

また、電気自動車用リチウムイオンバッテリーを定置型蓄電池として利用することで、太陽光では発電できない夜間や雨天時の充電も可能となり、再生可能エネルギーを効率的に活用できる。

フォーアールエナジーは、リーフに使用したリチウムイオンバッテリーの二次利用の事業化のため、日産が住友商事2010年9月に設立した合弁会社。既に住宅用の小型蓄電システムの実証実験を開始している。

今回のシステムではリーフ4台分の新品のリチウムイオンバッテリーを用いている。今後、リーフが廃車となった際に発生が見込まれるリチウムイオン二次電池は、容量が8割程度なら定置用として再利用できる。今回の実証実験は、これを有効活用することを想定している。

システムの実証実験を経て、今後は商業施設や公共施設を対象とした中型蓄電システムの市場開拓を進めていく。

太陽電池 太陽電池 太陽電池 太陽電池 太陽電池 リチウムイオン電池盤 リチウムイオン電池盤 モニター画面(日照強度) モニター画面(発電量) モニター画面(蓄電量) モニター画面(充電可能台数) 太陽電池