フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》

魅力の第一は、おしゃれ度の高いエクステリア。精悍でモダーンなデザインでスポーティなイメージに仕上げている。

インテリアもお気に入り。シルバーとブラックでシャッキリと仕上げられ、スマートなダシュボード。特にカッコいいのが、メーターパネル。スピードメーターはアナログの現物だが、左右にディスプレイでバーチャルなタコメーターやコンパスを表示。全部がバーチャルではないので、高級感がある。センターパネルもタッチ方式でフレッシュな雰囲気。使い勝手はともかく、個人的には大好きなインパネだ。

走ると広い室内の静粛性と乗り心地もまずまず、ハンドリングは大人しいが、それだけにストレスないアメ車の良さを感じさせ、ロングドライブでも疲れない。

動力性能は0-400m加速を16秒台程度で走る軽快さで満足。癖のない走りだ。大人でも座れる3列シートは、電動で簡単に折り畳め、荷室になるのは嬉しい。コストパフォーマンスは非常に高い。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★
オススメ度:★★★★★

津々見友彦|モータージャーナリスト
第1回日本グランプリに出場。日産、トヨタ、いすゞの元ワークスレーシングドライバー。現在はモータージャーナリストとして活躍。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。その他にポルシェクラブ・ドライビングスクールの講師も務める。趣味はハイスピードドライビング、モーターグライダー、パソコン。最近はデジカメと電気自転車に凝っている。

フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 北島友和》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》