IHIなど、藻類バイオ燃料を研究開発

IHIは、ジーン・アンド・ジーンテクノロジーおよびネオ・モルガン研究所と合同会社「IHI NeoG Algae(アイエイチアイネオジーアルジ)」を設立し、藻類バイオ燃料事業に関する技術開発を共同で実施することに合意したことを明らかにした。

藻類は、主に光合成によって増殖するが、その一部には育成の過程において燃料を生産するものもある。さらに成長する際にCO2を吸収し、また増殖が速いという特徴を持っているため、原油や食糧の価格高騰と地球温暖化を同時に解決するソリューションとして、藻類を利用したバイオ燃料生産に対する注目が高まっている。

従前より生物培養に関する研究開発を行ってきたIHIは、燃料生産能力が高い榎本藻(えのもとも)の開発に成功したジーン・アンド・ジーンテクノロジー、微生物を利用した医薬品などで豊富な実績を持つネオ・モルガン研究所とともに合同会社IHI NeoG Algaeを設立。榎本藻の大量培養によるバイオ燃料の製造を目指す。