中嶋一貴(Fニッポン第2戦)

7月の富士スピードウェイ(静岡県)は、ビッグレース2週連続開催。中嶋一貴選手が16〜17日に開催されるフォーミュラ・ニッポン第3戦を大いにアピールした。

今回は日曜(17日)に予選と決勝を一気に行なう変則スケジュールとなるが、そこで一貴は「ぜひ、多くの観客の方々に予選も見てほしいです」とアピールする。さらに「フォーミュラ・ニッポンの予選には独特の緊張感がありますからね」と語り、「今回は僕も最後(Q3)まで走れるように頑張ります」と続けた。彼がそう話すのには“ワケ”がある。

前戦オートポリスで初優勝し、ポイントリーダーとしてこのレースを迎えるわけだが、本人に「その自覚はないです」。なぜなら「レース結果はいいかたちで残せていますが、まだまだなところがありますからね。主に(2戦連続Q1落ちの)予選に、ですけど」。

初参戦ながらいきなり勝てたことで、『F1経験者だから当然』という見方をされてしまいがちだが、フォーミュラ・ニッポンで勝つのが「簡単なことじゃないんです」という面は大いに自覚しているだけに、予選で前を取ることこそが安定して好結果を残し続けるための必要条件であることも意識している。それだけに、今回富士戦の予選にかける意気込みには並々ならぬものがある一貴なのだ。

「富士は得意な部類のコースだと思っています。F3時代の2005年に、富士では4戦中3回ポールを獲得していますしね。特に予選のイメージがいいコース。今回、予選でのポジションアップを狙いたいタイミングで富士を迎えられるのはいいですね。もちろん、レースでもしっかり結果を残したいと思います」

予選で上位を取っての3戦連続表彰台となれば、いよいよ一貴がシリーズの主役となる。

さて、一貴の戦いぶりや“日曜予選”以外にもフォーミュラ・ニッポン第3戦は魅力満載だ。まず、開幕前のテストが震災の影響で中止されたことなどを受け、15日の金曜に公式テストが追加設定された。つまり、今回のレースウイークは実質3日となり、ドライバーやチームは金〜土曜と2日間、しっかりテスト走行を行なってから、日曜の予選&決勝に臨めるのだ。これはファンにとっても複数箇所での走行チェック&撮影チャンス増大を意味しており、ここは観る側も金〜土曜から現地に赴いて、万全の備えで“スーパーサンデー”に備えたいところ。

サポートレースも全日本F3、GTアジアシリーズなど豊富。特にGTアジアは昨年9月に台風の影響でSUPER GTが中止となった際、同様に流れてしまっていただけに注目度大だ。そしてドライバートークショーや仮面ライダーオーズのショーなど、レース以外のイベントも充実。なかでも目玉は、決勝レース終了後に激戦の余韻冷めやらぬメインストレート上で開催されるEARTHSHAKERとSHOW-YAによる東日本大震災復興応援ライブだ。レース観戦券があれば無料で参加可能。翌日は祝日なので、ぜひとも“丸一日以上”、富士を満喫していただきたい。

中嶋一貴(Fニッポン第2戦) 中嶋一貴(Fニッポン第2戦) 中嶋一貴(Fニッポン第2戦) 中嶋一貴(Fニッポン第2戦) 中嶋一貴(Fニッポン第2戦) 中嶋一貴(Fニッポン第2戦) 中嶋一貴(Fニッポン第2戦) 中嶋一貴(Fニッポン第2戦) メディアキャラバンで編集部を訪れた中嶋選手と、開催地、富士スピードウェイのイメージガール、クレインズ《撮影 高木啓》