プリウス・プラス・パフォーマンス・パッケージ《撮影 ケニー中嶋》

米国トヨタ自動車販売は6月30日、足回りを強化したスポーティな『プリウス』専用「プラス・パフォーマンス・パッケージ」を北米限定で発売した。

パッケージに含まれるパーツはTRDが開発を担当し、商品化。昨年ラスベガスで開催されたアフターマーケットパーツの見本市「SEMAショー」に参考出品されていた。

エクステリアでは前後バンパースポイラー、サイドスカートとリアデフューザーからなる7ピースのエアロキットと専用エンブレム、215/45R17のタイヤを履く5スポークデザインの17インチ鍛造アルミホイールなどが特徴だ。

サスペンションは前1.1インチ(28mm)、後1.3インチ(33mm)車高が下がるスプリング・キットに高炭素バネ鋼材製のリアスタビライザーが組み合わされ、オフセットが変更されたホイールにより14mmワイドトレッドされたこととの相乗効果により、コーナーリングでのロールを抑え、クイックなハンドリングが実現した。室内には「PLUS」ロゴ入りの専用フロアーマットが敷かれている。

プラス・パフォーマンス・パッケージは、ベースとなるプリウス「Two」「Three」「Four」には3699ドルで、最上級のプリウス「Five」には2999ドルの追加でオーダー可能。ボディカラーはブリザード・パール、クラシック・シルバー・メタリック、ブラック、そしてウィンター・グレー・メタリックの4色から選ぶことができる。

プリウス・プラス・パフォーマンス・パッケージ・モデルは、ベース車両を日本国内で完成させ、米ロングビーチ港で陸揚げ後にパーツを取り付けて完成させる。ニューパッケージは既に7月から生産を開始しており、月間200台程度のペースで半年間に渡って限定生産することを予定している。 

現時点では北米市場で完成車のみの販売で、残念ながら、パッケージ単体での個別パーツの販売予定や、日本国内での発売予定はないとのことだ。

プリウス・プラス・パフォーマンス・パッケージ《撮影 ケニー中嶋》 プリウス・プラス・パフォーマンス・パッケージ《撮影 ケニー中嶋》 プリウス・プラス・パフォーマンス・パッケージ(SEMA 10)《撮影 ケニー中嶋》 プリウス・プラス・パフォーマンス・パッケージ(SEMA 10)《撮影 ケニー中嶋》 プリウス・プラス・パフォーマンス・パッケージ(SEMA 10)《撮影 ケニー中嶋》 プリウス・プラス・パフォーマンス・パッケージ(SEMA 10)《撮影 ケニー中嶋》 プリウス・プラス・パフォーマンス・パッケージ(SEMA 10)《撮影 ケニー中嶋》 プリウス・プラス・パフォーマンス・パッケージ(SEMA 10)《撮影 ケニー中嶋》 プリウス・プラス・パフォーマンス・パッケージ(SEMA 10)《撮影 ケニー中嶋》 プリウス・プラス・パフォーマンス・パッケージ(SEMA 10)《撮影 ケニー中嶋》