イメージ

5日午前5時ごろ、大阪府岸和田市内にある南海電鉄・南海本線の駅構内に軽乗用車が侵入、線路を乗り越え、プラットホームに衝突する事故が起きた。クルマには複数人が乗車していたとみられ、車両を放置して逃走している。

大阪府警・岸和田署によると、現場は岸和田市春木若松町付近にある南海本線の春木駅。軽乗用車は駅西側の丁字路を直進して鉄製門扉に衝突。これを押し出したまま前進を続け、資材置き場を直進し、線路も乗り越えて上り側プラットホーム側面(3番線側)に正面衝突した。

クルマは中破、運転者を含む数人は車両を放置して逃走した。ホーム上には客もいたが、ケガはなかった。

警察によると、クルマは盗難届が出されておらず、所有者が運転していた可能性が高いという。警察では所有者の行方を追い、事情を聞く方針だ。