三菱ふそうキャンター新型(ニュージーランド仕様)

三菱ふそうトラック・バスは同社の世界戦略車である小型トラック新型『キャンター』を、ニュージーランドのオークランドで発表した。新型キャンターの発表は、北米、豪州に続いて海外では3か国目となる。

新型キャンターは昨年11月に日本国内で発売を開始。軽量、高効率、低燃費が特長の排気量3リットル「4P10」型ディーゼルエンジンや、トラック世界初となるデュアルクラッチ式トランスミッション「DUONIC」、「BlueTecシステム」(再生制御式DPF+尿素SCR)を搭載する。Euro5排出ガス規制よりさらに厳しいEEV規制にも適合している。

同社は2010年にニュージーランド国内で約390台を販売。同地における商用車シェアトップを獲得した。また、同市場では2006年から2010年にかけての5年間累計で、トラック・バス合計で約3140台を販売した実績を持つ。

新型キャンターは2011年末までに欧州などの海外市場に展開する予定で、2012年には、さらに40以上の海外市場に導入する予定。