4日午前9時50分ごろ、愛知県名古屋市西区内の名古屋第二環状自動車道の外回り線で、渋滞中の車列に対し、後ろから進行してきた大型トラックが追突、車両4台が関係する多重衝突に発展した。この事故で2人が死傷している。

愛知県警・高速隊によると、現場は名古屋市西区貴生町付近で片側2車線の直線区間。大型トラックは減速しないまま渋滞の車列最後部に位置していた乗用車に追突した。このクルマを押し出して前2台も巻き込まれ、結果として車両4台が関係する多重衝突となった。

最後部の乗用車は大破し、運転していた天白区内に在住する32歳の女性が胸部強打で死亡、前方の乗用車を運転していた男性も打撲などの軽傷を負った。警察はトラックを運転していた香川県高松市内に在住する41歳の男を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕。女性死亡後は容疑を同過失致死傷に変更し、調べを続けている。

警察では漫然運転か居眠り運転が事故の主因とみて、逮捕した男から事故当時の状況について話を聞いている。