ホンダ フィットシャトルハイブリッド《撮影 北島友和》

『フィット』だってコンパクトカーとしては十分に大きくて、これ1台で何でもできちゃうオールマイティ性能が高いのに、さらに荷室を大きくしちゃうなんて、フィットの立場はどうなっちゃうの〜? 

フィットも『フリード』も『フリードスパイク』もみんな食べつくしてしまうのでは? なんて秘かに心配していたのだが、実際に試乗してみると、確かに違いがある。『フィットシャトル』はしっかりと、フィットのお兄さんだったのだ。

静粛性も高まっているし、ボディのしっかり感もある。なんといってもフィットで気になっていた、あのボディの跳ねる感じが見事に消えてなくなっている! シートもフィットのようなベンチライクなものではなく、ソフトに包み込んでくれるセダンぽいものになっていて、ゆったり快適にクルージングドライブできるレベルになっていたのだ。

チョイ乗りのフィット、ロングドライブもOKのフィットシャトル、ミニバンの背の高さが欲しければフリードと、しっかり住み分けできてるじゃないの! ただ、「フィットハイブリッド」の出現で、『インサイト』の立場がますます薄れていってしまうのはちょっと気掛かりだけれど…。

と、時節柄ハイブリッドモデルにばかり注目が集まってしまいがちだが、ガソリンモデルだって18.6km/リットルとかなりの数値を達成している。そしてやはり後ろが長くなった部分は、すべて荷室に当てられたフィットシャトルだからこそ、ガソリンモデルのリバーシブルフロアボードを使ったフレキシブル性は見逃せないのだ。開口部も低いし、自転車なんかも積みやすい…って、これってフリードスパイクとやっぱり競合しちゃうのかしらん?

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★
オススメ度:★★★★

竹岡圭|モータージャーナリスト
自動車専門誌を中心に、女性誌やTVなど、幅広いメディアでレポーター・コメンテーターとして活動している女性モータージャーナリスト。ラジオのパーソナリティとしても活躍中。インプレッションやコラム、カーグッズ、旅行など、カーライフ全般を女性の視点からレポートしている。快適なカーライフをサポートするべく、実際にユーザーにアドバイスすることも大切にしている。モータースポーツにも積極的に関わり、自身も国際C級ライセンスを所持、チーム監督・ドライバーとして楽しんでいる。日本自動車ジャーナリスト協会(A.J.A.J.)理事、日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。

ホンダ フィットシャトルハイブリッド《撮影 宮崎壮人》 ホンダ フィットシャトルハイブリッド《撮影 宮崎壮人》 ホンダ フィットシャトルハイブリッド《撮影 宮崎壮人》 ホンダ フィットシャトル《撮影 宮崎壮人》 ホンダ フィットシャトル《撮影 宮崎壮人》