A6L

アウディは6日、香港を含めた中国における2011年上半期(1〜6月)の新車販売結果を明らかにした。総販売台数は、過去最高の14万0699台。前年同期比は、28%増と伸長した。

14万0699台の内訳は、現地生産分が11万3396台。前年同期比は21%増だった。とくに『Q5』が、2万3107台を売り上げる好調ぶり。中国専用のロングホイールベース車、『A4L』と『A6L』も支持を集める。

また、欧州からの輸入分は、2万5734台。前年同期比は76%増と大幅増を記録している。

アウディの6月中国販売は2万7658台と、こちらも6月としては過去最高。同社にとっては、中国が最大市場となった。アウディのペーター・シュバルツェンバウアー販売担当取締役は、「アウディは中国プレミアムカー市場のナンバーワンブランド。2011年年間では、28万台を販売するつもりだ」とコメントしている。

A4L Q5