ルノーウインドのデザインスケッチルノージャポン提供

6日より発売が開始されたルノー『ウインド』は非常にデザインコンシャスなクルマである。エクステリアを日本人デザイナーが、インテリアをフランス人デザイナーが担当、「小型ながら“おもちゃ”っぽくならないデザイン」を目指したという。

マーケティング部商品計画グループのフレデリック・ブレンさんは、エクステリアデザインのキーワードはスポーティだという。「このデザインを担当したのは、Advanced Design部門の日本人デザイナー鈴木康裕氏。彼は『メガーヌトロフィ』も担当しました。その彼が難しいと感じたのは、小さいサイズのクルマで、どうやっておもちゃっぽくなくスポーティ感を表すかといことだったのです」と語る。

特に、「ショルダーの出し方、Aピラーからフロントライトを通ってエンブレムにつながるライン、サイドの三角形を描くライン(Aピラーからルーフを通り、リアコンビを経由してサイドウインドウ下からAピラーにつながるライン)などは一歩間違うとすぐおもちゃっぽくなってしまうのです」。しかし、それを感じさせないのは、ボリューム感やパネルの面積などのバランスが良くできていると思うからだとブレンさんは説明する。

他にもスポーティ感を出すために、「リアフェンダーのショルダーにふくらみを持たせ、また、スポイラーとテールランプの一体感を持たせた処理が、スポーツカーらしいデザインを実現しています」と話す。また、リアバンパー下にはディフューザー風な仕上げがされているほか、バックランプもF1のように中央に取り付けられているなど、スポーティさを醸し出すエキスがちりばめられている。

インテリアに関しては、「デザイナーは若いフランス人で、バイク好きなんです。毎日の通勤はバイクなので、その雰囲気がメーターフードにも表れています。空気の流れ、ヴェンチュリー効果の原理をベースに、メーターナセルの形状をデザインしているのです」という。そのメーターもスポーティ感を出すためにメッキのリングを付け、かつ運転席側に向けるなど、インテリアデザイナーのこだわりについて語った。

ルノーウインドのデザインスケッチルノージャポン提供 ルノーウインドのデザインスケッチルノージャポン提供 ルノーウインドのデザインスケッチルノージャポン提供 ルノーウインドのデザインスケッチルノージャポン提供 ルノーウインド《撮影 宮崎壮人》 ルノーウインド《撮影 宮崎壮人》 ルノーウインド《撮影 宮崎壮人》 ルノーウインド《撮影 宮崎壮人》 ルノーウインド《撮影 宮崎壮人》 ルノーウインド《撮影 宮崎壮人》 ルノーウインド《撮影 宮崎壮人》