ルノージャポンは6日、小型クーペロードスターのウインドを発表した、12秒で開閉可能なルーフが特徴のオープン2シーターだ。写真は限定車の「コレクション」《撮影 宮崎壮人》

ルノージャポンは6日、わずか12秒で開閉が可能な回転格納式のルーフをもつ小型クーペロードスター『ウインド』の販売を開始した。同時に30台の限定車「ウインド・コレクション」も設定した。

ルノーウインドは「OPEN & PLAY」をコンセプトに、ルノーのスポーツカーを手掛けるルノースポール(RS)が開発した小型2シーターロードスター。ルノーならではの走りの楽しさに加え、風を感じる心地よさを味わうことができるモデルとした。

5ナンバーサイズのコンパクトなボディに、パワフルな134psの1.6リットルエンジンを搭載。これに5速マニュアルトランスミッションを組み合わせる。「フランス車らしい味わいを感じてほしい」として、本国で生産される左ハンドル車をそのまま導入した。

ハードトップはトランクリッド部に格納される構造のため、クローズド時、オープン時でも荷室容量は全く同じ。コンパクトながら270リットル(VSA方式)を確保し、スーツケース2つの積載が可能。実用性の高さもウインドの特徴だ。

今回ウインドの導入に合わせて、スポーティな装備を追加した限定車「ウインド・コレクション」も設定。ブラックメタル調ハードトップ、クロムドアミラー、シートヒーター付ブラックレザーシート、レッドクリアメーターフードなど、専用装備を多数追加しながら価格をベース比で13万円アップにとどめた。限定30台。

価格はウインドが255万円、ウインド・コレクションが268万円。

ルノージャポンは5月に発表した『メガーヌ』を皮切りに、ラグジュアリーコンパクト『トゥインゴ ゴルディーニRS』、カラフルな限定車『カングークルール』、そしてウインドと立て続けに個性的なモデルを導入した。大極司COOは、「この夏をルノーの夏にしたい。ルノージャポンが推し進める、FTS戦略(フレンチタッチ・トレンディ・スポーティ)の要素を日本の皆さんにも感じて頂きたいという思いで、これらを導入してきた。エコカーや減税だけがクルマではない。クルマをもっと楽しみたいという人たちにアピールしていきたい」と語った。

ルノー ウインド コレクション《撮影 宮崎壮人》 ルノー ウインド コレクション《撮影 宮崎壮人》 ルノー ウインド コレクション《撮影 宮崎壮人》 ルノー ウインド コレクション《撮影 宮崎壮人》 ルノー ウインド コレクション《撮影 宮崎壮人》 ルノー ウインド コレクション《撮影 宮崎壮人》 ルノー ウインド コレクション《撮影 宮崎壮人》 ルノー ウインド コレクション《撮影 宮崎壮人》 ルノー ウインド コレクション《撮影 宮崎壮人》 ルノー ウインド コレクション《撮影 宮崎壮人》 ルノー ウインド コレクション《撮影 宮崎壮人》 ルノー ウインド コレクション《撮影 宮崎壮人》 ルノー ウインド コレクション《撮影 宮崎壮人》 ルノー ウインド コレクション《撮影 宮崎壮人》 ルノー ウインド コレクション《撮影 宮崎壮人》 ルノー ウインド コレクション《撮影 宮崎壮人》 ルノー ウインド コレクション《撮影 宮崎壮人》 ルノー ウインド コレクション《撮影 宮崎壮人》 ルノー ウインド コレクション《撮影 宮崎壮人》 ルノー ウインド コレクション《撮影 宮崎壮人》 ウインドと大極司COO《撮影 宮崎壮人》 ルノーウインド《撮影 宮崎壮人》 ルノーウインド《撮影 宮崎壮人》