ルノー ウインド《撮影 宮崎壮人》

ルノー・ジャポンは6日、クーペとオープンカーを融合させたクーペロードスター『ウインド』を発売した。コンパクトなサイズでいかにスポーティさを表現するかが、デザインのポイントだったという。

ウインドのボディサイズは全長3,830mmと『ルーテシア』と『トゥインゴ』の中間のサイズ。因みに全幅1680mm、全高は1380mmとコンパクト。このサイズでいかにスポーティに仕上げるかというのがデザインの課題だったと話すのは、マーケティング部商品計画グループのフレデリック・ブレンさん。

デザインの大きな特徴はサイドにある。「Aピラーからルーフを通ってリアコンビにつながるラインと、そこからサイドウインドウ下を通ってAピラーの付け根につながるラインを結ぶと、矢印のような形が描かれます。これによって、推進力を印象付けるようなデザインになっているのです。また、リアフェンダーあたりにふくらみを持たせることが出来たので、安定感も出ています」(ブレンさん)。

他にもデザインでは苦労した面があった。Bピラーの位置にエンブレムがあるが、実はここにはルーフを回転させる軸が通っている。ブレンさんは、「ここにメカニズムを入れて、かつ、ルーフラインを崩さないようにするのが非常に難しかった。あまり(ルーフを)上げすぎると軽く見えないし、下げすぎるとルーフがしまえない。それを両立させるのが難しかったのです」と話す。

他にも「フロントオーバーハングを少し前に出し、ボンネットを下げることで非常に低く見えるようにしました」などスポーティ感が強調されている。

このデザインを担当したのはAdvanced Design部門の日本人デザイナー鈴木康裕氏。彼は『メガーヌトロフィ』のデザインも担当した人物である。

ルノー ウインド《撮影 宮崎壮人》 ルノー ウインド《撮影 宮崎壮人》 ルノー ウインド《撮影 宮崎壮人》 ルノー ウインド《撮影 宮崎壮人》 ルノー ウインド《撮影 宮崎壮人》 ルノー ウインド《撮影 宮崎壮人》 ルノー ウインド《撮影 宮崎壮人》 ルノー ウインド《撮影 宮崎壮人》 ルノー ウインド《撮影 宮崎壮人》 ルノー ウインドのデザインスケッチルノージャポン提供 ルノー ウインドのデザインスケッチルノージャポン提供