トヨタ・プリウス

日本自動車販売協会連合会が7月6日発表した6月の乗用車車名別販売台数ランキングによると、トヨタ『プリウス』が前年同月比39.0%減の1万9429台で、4か月ぶりトップとなった。派生モデルの『プリウスα』が加わったため。

2位はホンダの『フィット』で同2.3%増の1万6321台となった。3位のトヨタ『ヴィッツ』が同6.3%増の1万2356台だった。

4位は日産『セレナ』で、5位の日産『マーチ』は同106.4%増の6493台と倍増した。マーチはタイで生産しているため、生産や納期に問題なく、販売が大幅に増えた。

6位がトヨタ『カローラ』、7位がトヨタ『ラクティス』、8位が日産『ノート』だった。9位にはマイナーチェンジしたマツダ『デミオ』が前月の11位からトップ10圏内にランクインした。10位はホンダ『ステップワゴン』。

トヨタ・プリウスα ホンダ・フィット ホンダ・フィットシャトル《撮影 北島友和》 トヨタ・ヴィッツ 日産セレナ《撮影 池田忍》 日産マーチ