富士重工業・吉永泰之社長≪撮影 小松哲也≫

富士重工業の吉永泰之社長は6日、『インプレッサ』より小さいコンパクトカークラスについて、「スバル独自でどうするのかというのは詰めた議論をすべき」との考えを明らかにした。

吉永社長は同日都内で開いた中期経営計画説明会後、一部報道陣に対し語った。

吉永社長は「全世界での需要がダウンサイジングしていくときに、我々は上(のクラス)をいくんだとは、軽々と決心できない」とした上で、「本来であれば、やはりコンパクトのところをスバル独自でどうするかと、事業的には厳しいが、もう一段詰めた議論をするべき」と語った。

さらに「それが全部自分たちなのか、一部にトヨタの力を借りるのかということはあるかもしれない」と述べ、現在、トヨタ自動車およびダイハツ工業からのOEM調達で販売しているコンパクトーカークラスの事業戦略を再検討する意向を示した。

一方、軽自動車については「軽はもうOEM。これは全世界のスバルの生き残る道を考えても、これはこういう決心をしている」とし、自社生産も来年の春で終了することを改めて明らかにした。

富士重中期経営計画説明会≪撮影 小松哲也≫ スバル・トレジア。トヨタからのOEM供給 スバルDEX。ダイハツ工業よりOEM供給