マレーシアで生産するSUVの車名は明らかにされていない。写真はスバルXVコンセプト(上海モーターショー11)

富士重工業(スバル)は7月6日、タンチョングループとマレーシアにある同グループの工場でのスバル車をノックダウン(KD)生産することで合意したと発表した。

生産委託契約をタンチョングループのマレーシアでのスバル販売特約店であるTCスバルと締結し、KD生産は同グループ会社のタンチョン・モーター・アッセンブリー(TCMA)の既存工場を利用する。

同工場でスバルの小型SUV(車名は明らかにされていない)を年間5000台程度の規模で2012年10月から生産を開始する。また、KD生産車は同グループのスバル販売網を通じてマレーシア国内、タイ、インドネシアで販売する予定。

タンチョングループは、1987年にシンガポールでのスバル販売特約店となって以来、永年にわたってアジア地域でスバル車を販売してきた。TCMAは設立当初の1974年から日本車、欧州車のKD生産を受託、1986年にはスバル車のKD生産も手がけるなど、自動車の生産、品質管理で高いノウハウを持つ。

富士重では、初期投資を抑制できるとともに、委託契約成立から早期の生産開始が可能となることからタンチョングループへの委託生産を決めた。今回の委託生産を機に市場規模が大きく、成長の著しいアセアン地域でスバルの拡販を図る。

マレーシアで生産するSUVの車名は明らかにされていない。写真はスバルXVコンセプト(上海モーターショー11) マレーシアで生産するSUVの車名は明らかにされていない。写真はスバルXVコンセプト(上海モーターショー11)