プジョー 508《撮影 北島友和》

会社創立から200周年を迎えた2010年、前年比プラス16.3%となる214万台の販売を達成したプジョー。EU圏では『3008』や『RCZ』といった新型車の好調な販売に支えられたが、それにも増して販売を伸ばしているのが中国やロシア、中南米といった新興国の市場だ。

プジョー・シトロエン・ジャポンの広報部長、吉田訓啓氏は「2010年の実績ではプジョーブランドの欧州の販売比率は54%。逆に言えば半数近くの46%は欧州外の市場でが占めており、特に中国、中南米、ロシアが大きな伸びを見せている」と説明する。「2009年比で中国は35%、ロシア34%、南米24%という伸び率を達成した。中国では『308』のセダンバージョン『408』、中南米ではピックアップトラックの『HOGGAR』が好調。各市場のニーズを捉えて、そのニーズに合致したモデルを現地で生産する方針が功を奏している」と吉田氏は分析する。

今回新たに日本への導入が始まったトップレンジの『508』にしても、ワールドワイドでの販売を前提に開発され、「プジョーの大型サルーンとしては開発に際して各地の市場の声を取り入れた」という。『407』まで採用がなかった前席のカップホルダーや、欧州車では珍しい運転席のフューエルリッドオープナーなどは中国を中心とするアジアでの生産・販売することを見越しての装備と言える。

この508、中国では日本とほぼ同時に7月に発表され、これに先立つ4月からは武漢工場での現地生産も日産300台規模でスタートしている。2012年の世界販売規模は508シリーズ全体で20万台を見込んでおり、このうち欧州市場で11万5000台、中国市場で6万5000台、その他の市場では2万台と、文字通り中国がプジョーにとっての第2の柱として位置づけられている。

とくにD〜Eセグメントのサルーンは日米欧メーカーの主要モデルがしのぎを削るマーケットだけに、508はPSAグループ浮沈の鍵を握るきわめて重要なモデルだ。

プジョー 508《撮影 北島友和》 プジョー 508SW プジョー 508SW プジョー 508SW プジョー 508SW プジョー 508SW プジョー 508SW プジョー 508《撮影 北島友和》 プジョー 508SW プジョー 508SW プジョー 508《撮影 北島友和》 【プジョー 508 日本発表】アジアを第2の市場として開発 【プジョー 508 日本発表】アジアを第2の市場として開発 【プジョー 508 日本発表】アジアを第2の市場として開発 【プジョー 508 日本発表】アジアを第2の市場として開発 【プジョー 508 日本発表】アジアを第2の市場として開発 【プジョー 508 日本発表】アジアを第2の市場として開発 【プジョー 508 日本発表】アジアを第2の市場として開発 【プジョー 508 日本発表】アジアを第2の市場として開発 【プジョー 508 日本発表】アジアを第2の市場として開発 【プジョー 508 日本発表】アジアを第2の市場として開発 【プジョー 508 日本発表】アジアを第2の市場として開発 【プジョー 508 日本発表】アジアを第2の市場として開発