フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》

明らかに、何もかもが新しい。けれども確実に、『エクスプローラー』20年の歴史の延長線上にある味わい。

海沿いの直線、くねくねと登る山道、駅前の小径。そんなところを走りながら、感じたのはまず硬すぎず柔らかすぎない乗り心地だった。重厚な守られ感はありながら、決して神経質な動きがない。骨格の強化に加え、新たに搭載されたインテリジェント4WDとの連携で、大柄ゆえの気だるさは消し、電子制御独特の無味乾燥さは抑えられている。古き良きエクスプローラーから受け継ぐ大らかさは、しっかり生きていると感じた。
 
インテリアや操作系のすべては洗練されて、荒れたダートコース上にいても驚くほど静か。優雅なクラシックだって似合いそうな空間だ。横幅が16cm拡大した3列目をはじめ後席のゆとりもたっぷりあり、1席1席が贅沢な造り。これなら長距離だろうが凸凹道だろうが、安心感に包まれた時間が過ごせるはずだ。3.5リットルV6エンジンは、トルクフルながら従来比20%の燃費改善というのも嬉しいところ。
 
草食系クルマもいいけれど、サバイバルなこの時代には、強さと大らかさを兼ね備えるエクスプローラーにも惹かれる女心を思い知った。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

まるも亜希子|カーライフ・ジャーナリスト
映画声優、自動車雑誌編集者を経て、カーライフ・ジャーナリストとして独立。現在は雑誌・ウェブサイト・ラジオ・トークショーなどに出演・寄稿する他、セーフティ&エコドライブのインストラクターも務める。04年・05年にはサハラ砂漠ラリーに参戦、完走。日本カー・オブ・ザ・イヤー(2010-2011等)選考委員、AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。

フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》