メルセデスベンツ Bクラス 125! Grand Edition

メルセデスベンツ日本は、自動車誕生125周年を記念して、メルセデスベンツ『Bクラス』に安全性、快適性を高める装備を施した特別仕様車3モデルを設定し、7月5日から販売を開始した。

「B180 125! グランドエディション」は、「B180」をベースに16インチアルミホイール、バイキセノンヘッドライト、コーナリング時に車両の進行方向を照らすアクティブライトシステムなどを追加装備。通常では設定がないライト&サイトパッケージ(自動防眩ルームミラー、照明ミラー付サンバイザー、レインセンサー他)など合わせて採用。25万円相当の装備を追加しながら、価格はベースモデル据え置きの299万円となる。

「B180 125! グランドエディション スポーツ」は17インチアルミホイールやレザーツインシートを装備するとともに、さらにスポーツパッケージで内外装の質感を向上。パワーシート(前席)や外部オーディオ機器を車両側で操作可能とするメディアインターフェースなど、43万円相当の追加装備を加えながら、ベースモデル比で約20万円高となる319万円とした。

「B200 125! グランドエディション」は「B200」をベースに、バイキセノンヘッドライトやパワーシート、メディアインターフェースをはじめパークトロニックを標準装備。約15万円相当の追加装備で機能性や快適性を高めながら、価格はベースモデル据え置きの385万円となっている。