辞任を明かす松本龍復興担当相《撮影 中島みなみ》

松本龍復興担当相が5日8時45分、菅直人首相に辞表を提出。受理された。

東日本大震災で被災した岩手、宮城両県を訪問した際の発言の責任を取ったとされるが、松本氏自身は「個人的な都合」とし、その内容は「話せない」と、会見場では理由を明らかにしなかった。

会見は10分ほどで切り打ち切られ、松本氏の後を追った一部の記者に「昨夜、店で昔の歌を聞きながら決めた」と、胸の内を漏らした。

松本氏は、復興対策担当相・防災担当相を兼務。6月27日に就任して、今日で9日目だった。

会見では「岩手でキックオフして、3日でノーサイドになりましたが、相変わらず嫌いな与野党ですが、心を合わせて復興に力を合わせて取り組んでいただきたい。私も復興に向けて汗をいきたい、以上です」と、淡々とした雰囲気を漂わせた。

また、一方で、「いろいろ言いたいことはある。なぞかけをしようと思ったが、今日なくなりますから、私はこれからは…」と、言葉を詰まらせて上を向く場面もあるなど、不安定な様子を見せた。

そして、辞任後も、引き続き被災地復興に尽力する決意として、次のように語った。

「4月に亡くなった歌手でフィービー・スノウがいる。カズオ・イシグロの本ではないが、これからは子どもたちのために『never let me go』(ネバー・レット・ミー・ゴー)。私は被災されたみなさんから離れないので、粗にして野だが卑ではない松本龍、一兵卒として復興に努力していきたい」

フィービー・スノウは、70年代に活躍したシンガーソングライターで、この4月に58歳で他界した。『never letting go』などの曲を残している。また、カズオ・イシグロは、ロンドン在住のイギリス人作家。

辞任を明かす松本龍復興担当相《撮影 中島みなみ》