BYDは2011年第1四半期の決算を発表、純利益が2億6670万元と前年同期比で84.4%減となった。

世界有数の電池メーカーとして知られる中国のBYD。その傘下の自動車メーカー、BYDオート(比亜迪汽車)が、大幅な減益に見舞われている。

同社が香港証券取引所に提出した資料によると、2011年第1四半期(1-3月)の売上高は、117億元(約1465億円)。前年同期比は12%減と落ち込んだ。

また、純利益は2億6670万元(約33億円)。前年同期の17億元(約213億円)に対して、84.4%の大幅減益となった。

大幅減益の要因は、新車販売の不振が大きい。同車の中国販売は、競合他社に押されて2010年7月から2011年5月まで、10か月連続の前年実績割れ。借り入れの増加による金利負担も、経営を圧迫した。

BYDは、米著名資産家のウォーレン・バフェット氏が率いるバークシャー・ハサウェイの出資を受けていることでも有名だ。