フィットシャトルのネーミングに「フィット」を使用するかどうか、直前まで検討されていたという《撮影 北島友和》

ホンダ『フィットシャトル』の開発責任者である本田技術研究所の人見康平主任研究員は、同車のネーミングについて『フィット』を使用するかどうか、「実は売り出す前まで相当迷った」と語った。

4日に都内で開いた試乗会会場で記者団と懇談し、命名のエピソードを紹介した。人見氏は同モデルの開発に当たり「単なるフィットのワゴン化ではない」ところから出発したという。

「スモール」のフィットに対し、より上級の「コンパクト」の革新を目指した。実際に受注した顧客からは静粛性など、フィットの上を行く性能が評価されているという。

もっとも、開発途上では販売店などから「フィットをワゴンにしても売れない」といった指摘が多く、「逆風は相当強かった」と振り返る。ネーミングで悩んだのはフィットを冠することで、人見氏が狙った「革新的コンパクト」のイメージが打ち消される可能性もあったからだ。

一時は「シャトル」とする案もあったそうだ。結局、「スモールの完成型であるフィットのネームバリューを生かす」ことになった。人見氏は2代目フィットの開発責任者でもあるが、フィットシャトルが評価されてロングセラーになった暁には「『シャトル』だけになっても構わない」と笑った。

ホンダ フィットシャトル《撮影 北島友和》 ホンダ フィットシャトルハイブリッド《撮影 宮崎壮人》 ホンダ フィットシャトルハイブリッド《撮影 宮崎壮人》 ホンダ フィットシャトルハイブリッド《撮影 宮崎壮人》 ホンダ フィットシャトル《撮影 宮崎壮人》