ボーイング787。ボーイング社のテスト用機体でANA向けではないが、ローンチカスタマーに敬意を表したようだ。

ボーイングと全日本空輸(ANA)は7日4日、ボーイング「787」の検証プログラムを開始したと発表した。

検証プログラム中、ANAのパイロットはボーイングのパイロットとともに、実際の運航環境下での実飛行を実施する。ANAの整備士、地上スタッフも実機を活用して検証作業を行う。

787は検証プログラムのために初めてアジアに飛来し、日本時間の3日午前6時21分、羽田空港に着陸した。飛来したのはANAの通常塗装を施した787のフライトテスト用2号機(ZA002)で、シアトルから羽田までノンストップで飛行した。

ANAの伊東信一郎社長は「787は、当社がアジアで一番の航空会社に成長するためには必要不可欠な要素であり、顧客にも機内の快適性など、新たな次元のサービスを提供することを可能にしてくれる。検証プログラムは、定期便就航を円滑に行うための非常に重要なステップとなる」とコメント。

1週間にわたる検証プログラムでは、日々の運航環境に近づけて実施する。メンテナンスや地上での作業を羽田、伊丹、関西、岡山、広島の各空港で行う。プログラム終了後、ANAは787の定期便としての初就航路線を羽田〜岡山、羽田〜広島とする予定。

ANAは、787を55機発注し、今後の成長戦略の一環として同機を国内・国際の基幹路線に投入する。ボーイングは787初号機のANAのデリバリーを8〜9月に予定している。

ボーイング787。ボーイング社のテスト用機体でANA向けではないが、ローンチカスタマーに敬意を表したようだ。 ボーイング787。ボーイング社のテスト用機体でANA向けではないが、ローンチカスタマーに敬意を表したようだ。