スズキフィリピン二輪車新工場の鍬入れ式(7月2日)

スズキは7月2日、フィリピンの二輪車製造販売と四輪車販売子会社スズキフィリピンが、新たに二輪車工場をマニラ郊外に建設すると発表した。

現地でドミンゴフィリピン通産工業大臣、新工場建設地であるラグナ県のエストレガン県知事、卜部敏直駐フィリピン大使、鈴木修スズキ会長兼社長が出席して新工場建設地で鍬入れ式を行った。

フィリピンの二輪車市場は、堅調に拡大しており、2010年は約76万台、前年比19%増となった。スズキフィリピンは1985年から二輪車の生産を開始し、昨年度は約8万5000台を生産している。

今回、フィリピンの二輪車市場の需要増に対応するため、マニラ郊外のカーメルレイ工業団地内に年間約20万台の生産能力を持つ工場を建設する。新工場の投資額は約21億円の見込みで、2012年6月に生産を開始する計画。