フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》

真昼の白日夢。某スカイラインをボクは英国製の5Lスポーツサルーンで快調に走行していた。わずかな直線路。追い越し禁止のイエローラインが途切れた時、後方から黒い大型のSUVが恐ろしいほどのスピードで迫ってきた。

車速はATの2速レッドゾーン手前。かなり速く走っていたのだが、そのSUVはひらりと身をかわすようにボクを追い越した。こちらも身を引き締めて、後を追う。しかし、そのSUVはSUVらしからぬ動きと加速で、先行する。それが新型の『エクスプローラー』と判ったのは、次のコーナーで後ろに付いた時だった。

それにしても何というコーナリング性能の高さだ。スポーツサルーンと好勝負できるほどに安定している。試乗会場で、今度は自分でエクスプローラーのハンドルを握り、アクセルペダルを踏み込んで、先ほどの運転の理由が判った。

大きなボディを感じさせないほどにコントロールが容易だ。ボディ感覚がつかみやすい。大抵のエクスプローラードライバーとは縁のない走りかもしれないが、アメリカンアクション映画のようなカーチェイスも新型はシレッとこなせる実力の持ち主だった。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★☆(3.5)

石川真禧照│自動車生活探検家
日刊自動車新聞社を経て1971年からフリーの自動車評論家。1982年、I.W.オフィースを設立、自動車を中心としたメディア活動を開始する。自動車を生活の道具として捉える評論を得意とし、「自動車生活探検家」を名乗る。08-09日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。

フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》